理念: ヒトのためになることを 一番に考える

厳しい医療現場(病院)の現状

 病院などの保険医療機関は,厚生労働省の定めるルールに則ることが義務づけられています.

 

 厚労省は,小泉政権時に、社会保障費の削減という大義名分で、

医療者の技術料を下げ続け、医療崩壊を加速させ、

患者さんが治療(リハビリ)を受けることが出来る期限まで

設けました。

 

 

 その結果、病院がつぶれる時代になりました。

 

 

 そして、経営が厳しい病院では、

必要のない検査や注射を沢山行ったり、

大量の薬を処方したり、

漫然と電気治療に通わせる

 

そんな医療機関が近年非常に増えているような気がします。

 

プラスワンの使命

整形外科病院勤務10年以上の経験と技術を最大限に生かした、

 病院にかかる前のケア・障害予防 と 病院にかかった後のアフターフォロー

は、他の接骨院・整体などには絶対負けない自信があります。

 

そして、これらの充実が、

患者さんや、医療業界の将来、志高い理学療法士に対して、

貢献出来ると信じておりますし、果たすべき使命だと感じております。

プラスワンの由来

「辛(い)」「一」を足すと,「幸(せ)」になります.

 

カラダの不調などで辛い思いをしている方に対して,自ら改善・解放できるようになるためのお手伝いをして,健康であることの幸せを実感してもらうこと.

 

それが,プラスワンの志事(仕事)であり,命名の由来です.

 


肩が痛いけど、病院に行く暇がないからガマンしている!

痛みが出てから、適切な対応をするまでの期間が長いほど、改善するまでの期間も長くかかります。また、関節が硬くなってしまう(関節拘縮)と、完治の可能性も低くなります。

 

プラスワンでは、完全予約制で待ち時間はゼロです。

1日も早く、お問い合わせください。


からだのバランスが悪くなっている気がする!

バランスが悪いからといって、むやみに姿勢矯正・骨盤矯正することはオススメしません。なぜなら、矯正したことで悪化した方もいるからです。

 

プラスワンでは、姿勢と動き方のクセをみます。

それにより、矯正した方が良いのか悪いのかが判断できるからです。


月1回の草野球、投げると肩が痛い!

主な原因は、投げ方(フォーム)の問題か、からだの問題か、その2つです。

投げ方の問題については、フォームチェックが必要です。からだの問題については、筋肉のバランスや、柔軟性などのチェックが必要です。

 

プラスワンでは、あなたのからだのクセを見抜き、最適なプログラムを提供しています。


電気治療で通院中。これ、効果ある?

電気治療のほとんどが、対処療法にすぎません。

それだけでは原因は解決されず、ただの「その場しのぎ」です。

 

プラスワンでは、あなたの姿勢・動きをチェックし、最適なプログラムを提供するとともに、自宅でできる簡単な体操などもご指導しています。


病院のリハビリが打ち切り。これからも定期的にみてもらいたい!

いくら自宅でできる体操などを教えてもらっていても、そのやり方が我流になってしまったり、からだの変化とともに、新たな体操が必要になったりすることは、多々あります。

 

プラスワンでは、月1または月2回くらいの頻度で、定期メンテナンスをご利用されている方もいらっしゃいます。

是非この機会に、プラスワンをご利用ください。

プラスワンは,

「辛(い)」を,「幸(せ)」に変えることを志事と定義し、

ヒトのためになることを一番に考えることを、

理念に掲げております。