Physio-studioプラスワンの設立にあたって

夢をみてました・・・

2009年3月に,父の末期ガンが発覚しました.青天の霹靂でした.

そして,その年の10月,父は安らかにこの世を去りました.

 

私は,実は,一人っ子です.

まだ30代で,父の死なんて考えたことはありませんでした.

 

急に,今の職場を辞めて,実家に戻らないといけないのか・・・と思うと,

今までのことが全て夢のような気がしてきたのです.


今の職場はベストです.これ以上はないと思える職場です.

理学療法士を認めてくれる院長・副院長・その他医局の先生方

上司の鏡とも言える科長

支えてくれるスタッフ

 

ここを辞めて,こんなに恵まれた職場が地元にあるのだろうか?

 

 

天命

そう悩んでいたときです.

ふと,口数の少ない父が,生前に遺した言葉を思い出しました.

「理学療法士は開業できるのか?開業しないのか?」と.

 

中学~高校と,部活で故障だらけだった私は,

素晴らしい医療者に出会うことも,適切な医療を受けることが出来ず,

「自分でなんとかしてやる!」という思いが,私を理学療法士に導いてくれました.

 

だから,いずれは開業したいという気持ちもありました.

しかし,学生時代に,理学療法士の開業は,法律上,認められていないことを知りました.

 

いまや,日本の医療は崩壊寸前です.病院が潰れる時代です.

理学療法士を取り巻く環境も厳しく,技術料は下げられる一方です.

患者さんがリハビリを受けられる期限を決められてしまいました.


しかし,そんな時代だからこそ!

 理学療法士が,開業ではなく,自由診療で起業をしたら・・・

 整体などと同じ,自由診療の土俵に乗っかったら・・・

 

きっと,理学療法士こそが,

  健康であることを心から望む人達のために,

 「リハビリ難民」と国からレッテルを貼られた方々のために,

 健康を取り戻す・維持するお手伝いが出来るのでは・・・

 ヒトの健康が,無謀な政策に翻弄されない社会が出来るのでは・・・


そんな,ヒトの健康と,日本の医療のためになる仕事をしたいのです.

「無謀だ」「時期尚早だ」「できっこない」・・・いろいろ言われました.

 

でも,全ては社会的弱者である患者さんのためです.

 だから,私は一世一代の勝負を決意しました.

それが,Physio-studioプラスワンの設立です.

 

偉そうなことを言うと、これは『天命』だとも思っています。