腰痛の85%は原因を特定できない!?

2月にNHK「名医にQ」でも放送されましたが、

”腰痛患者の85%は、原因を特定できない”というお話。

 

これは、正確に言うと、

レントゲンなどの画像検査だけでは、痛いところが分からない

ということです。

 

だから、腰が痛いから病院に行って、

医師に「じゃあ、レントゲン撮ってみましょう」ということで、

レントゲンを撮ってはみても、85%の人には、

「ん~、骨はどこも悪くないから大丈夫ですよ」

と言われるでしょう。

 

でも、実はここから先が、セラピストの腕の見せ所なのです!

 

セラピスト(その中でも理学療法士)は、

機能評価と姿勢・動作分析を駆使して、

痛みの部位を特定し、

どう動いたらそこにストレスがかかるのか、

逆に、どう動いたらストレスがかからないのか、

それらを検査して、腰痛の原因を特定して、

それに合ったプログラムを行います。

 

テレビで、85%は原因が分からないと言われたら、

誰だって不安になりますよね・・・。

セラピストから言わせれば、85%は多すぎです!

 

セラピスト(特に理学療法士)が出来ること、特化していることを、

沢山の方に知ってほしいと、切に願います。