『特保コーラ』とかけて、『塩谷瞬の求婚癖』と説きます

そのココロは・・・

どちらも、度が過ぎると、「ゆるく」なります(^^;)

 

こんなすべり出しで、すみません(苦笑)

 

 

今日は、「塩谷瞬の二股騒動」についてではなく(笑)、

先週発売された、特保コーラのご紹介・・・・・・・

 

・・・・だけでは、ありません(^o^;)

 

本当のテーマは、

『食品の品質表示について』です。

 

キリンビバレッジ株式会社より、

特定保健用食品「キリン メッツ コーラ」が発売されました!

 

花王の「ヘルシア緑茶」も、その代表格ですね。

 

その特定保健用食品ですが、リンク先の説明にもあります通り、

 

特定保健用食品は健康が気になる方を対象に設計された食品であり、病気の治療・治癒を目的に利用する食品ではないことに留意して下さい。

 

が、とっても大事だと思います。

 

沢山飲めばヤセル!と勘違いして、

大量に摂取したら、下痢しやすくなるんですっ!

 

ちゃんと、この特保コーラにも書いてあります。

 

『・・・(中略) 飲みすぎ、あるいは体調・体質により、おなかがゆるくなることがあります。』

と。

 

 

また、この特保コーラには、こうも書かれています。

 

『食事から摂取した脂肪の吸収を抑え、排出を増加させる、難消化性デキストリン(食物繊維)の働きにより、食後の中性脂肪の上昇を抑制するので、脂肪の多い食事を採りがちな方、食後の中性脂肪が気になる方の食生活の改善に役立ちます。』

と。

 

こう書いてあると、沢山飲んだ方が良いのかも・・・と思いがちでしょうが、

実際は、前述したように、お腹がゆるくなることもあります。

 

 

だいぶ前ですが、「ファイブミニ」の過剰摂取による脱水症状が、ダイエット志願の女性に多発しているというニュースがありました。

(覚えている方いらっしゃいますかね・・・)

 

 

これら特保食品は、脂肪の吸収抑制や燃焼、便秘症などに対する一つの対策にはなるでしょうが、

根本的な解決策ではない ということなのです。

 

 

それをお伝えしたくて、つまらない下りから、長々と書いてしまいました(苦笑)

最後までお読みくださり、ありがとうございましたm(__)m