【No.9】やっぱり美しく歩きたいです!!

てこ様(40代女性)より

私は、小学生の頃に背骨が曲がっていることが分かりました。

病院では、成長が止まれば背骨の曲りも止まると言われただけで、特に治療もせずに放置していました。

ずっと歩き方や体の変化は気にしていました。

酒井先生に診ていただいて歩いてみると、すごく楽になったのが実感できました。

やっぱり美しく歩きたいです!!

酒井先生に教えていただいた運動を頑張っています。

これからも宜しくお願い致します。

 

 

からだと動きの整備士 酒井より

てこさん、お葉書ありがとうございました!

 幼少期に発見される「側弯症」は、重度でない場合は何もせず、経過観察という扱いになります。でも、検診ですから、それから一生、その先生が経過を観察してくれるわけではありません。

 そして、あるとき、側弯の影響から、歩き方がくずれたり、肩こりや腰痛が出現することもあります。

 ですから、側弯に負けないからだ作りが大事になってきます。

 そのからだ作りに、プラスワンは一生付き合いますよ!

 こちらこそ、よろしくお願い致します。