【No.34】納得のいく説明で解りやすかったので、とても良かったです

2013年3月19日
2013年3月19日

TR様(50代女性、有痛性外脛骨)より

痛みの原因を時間をかけて分析して、納得のいく説明で解りやすかったので、とても良かったです。

家トレもしっかりとやり、早く治したいと思っています。

 

からだと動きの整備士 酒井より

TR様、お葉書ありがとうございました!

 

「有痛性外脛骨」とは、簡単に言うと、足の内くるぶしの少し下の骨が出っ張ってきてしまい、歩くと痛くなる病気です。

 

単に足首の筋肉を鍛えても、ちょっとだけ痛みが治まる程度で、決して楽にはなりません。ましてや、湿布や電気をあてても効果はほとんどありません。

 

有痛性外脛骨の原因は解明されていませんが、ほとんどの場合、『歩き方のクセ』が影響しています。歩き方のクセを正確かつ細かく分析して、それに適した体操やインソールしか効果はないと言ってよいでしょう。TR様も既成のインソールをお使いでしたが、大した効果はなかったそうです。

 

直球ど真ん中の治療が、何より大切ですね。