変形性股関節症は手術しかない!?

股関節(足の付け根)が痛くて整形外科に行くと、

多くの場合、以下のような対応をされます。

 

 

①まずレントゲンを撮る

②骨の変形の程度を医師がチェック

③「治す方法は手術しかない」と説明を受ける

痛み止めの薬を飲んで様子をみる

 

 

変形性股関節症の多くは、

『進行性』です。

 

 

放っておいて負担をかけ続ければ、

骨の変形は進行します。

 

 

痛み止めの薬を飲んで、痛みが和らいだとしても、

負担をかけ続けていれば、骨の変形が進んで悪化する

可能性があるということです。

 

 

変形がひどい場合は、手術も検討しなければいけませんが、

『股関節への負担を減らす』体づくりが、

痛み改善の第一歩でもあります。

 

 

残念ながら、医師の多くは、

『股関節への負担を減らす体づくり』の方法を

詳しくは教えてくれません。

 

 

なぜなら、

『ケース・バイ・ケース』だからです。

 

 

一口に『股関節にかかる負担』と言っても、

いろいろなタイプがあるからです。

 

 

・股関節のどこに負担をかけているのか?

・どんな負担のかかり方をしているのか?

 

 

これを解明することで、

・股関節への負担を減らす体づくり

の方法が変わってきます。

 

 

『できることなら手術はしたくない!』

『ひどくなる前に何とかしたい!』

そんな方は、まずお気軽にご相談ください。