整形外科は薬を出すだけ?

これは、整形外科で『腰椎椎間板ヘルニア』と診断された、

柏市にお住いのWさん(70代女性)のお話です。

 

 

以下、Aさんのお話を要約すると、

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

・整形外科では、痛み止めの薬を処方されるだけだった

・薬を飲むと胃の調子が悪くなるので、あまり飲めなかった

・腰の調子も良くならないので、接骨院に行ってみた

・接骨院では、マッサージするだけで、症状は変わらなかった

・そんな状態が長く続いたせいか、筋力・体力も落ちてきた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

という経緯がありました。

 

 

 

実は、Aさんと同じような経緯の方は、

とっても沢山いらっしゃいます。

 

 

痛みやシビレがひどい場合は、

痛み止めの薬や湿布を出す以外に、

ブロック注射をする場合もあります。

 

 

痛みがそれで和らぐこともありますが、

『椎間板ヘルニアになった根本原因』

解決された訳ではありません。

 

 

その『根本原因』を解決しない限り、

たとえ手術をしたとしても、

再発する確率は高いままです。

 

 

僕の経験上、この『根本原因』とは、

・普段の姿勢や歩き方

・筋肉のバランス

・体の柔軟性

などが挙げられます。

 

 

ただし「体の柔軟性」といっても、

ただ柔らかければ良いという訳ではありません。

 

 

実際、体が柔らかそうな体操選手でも

椎間板ヘルニアになる方もいるくらいですから。

 

 

●薬を飲むこと以外に方法はないのか?

●ヘルニアになった根本原因が何なのか?

それを知りたい方は、ぜひご相談ください。