手術後のリハビリでがっかりしないために

 

昨今の医療制度では、

手術した後でも、

とりあえず歩ければ退院…

 

 

それが普通になりつつあります。

厚労省が医療費を削減するような

方針だからだと思われます。

 

 

病院など保険診療している機関は、

厚労省の支配下にあります。

 

 

良くも悪くも、

厚労省が決めたルールに

100%従わなければいけません。

 

 

例えば、入院が長期化すると、

その分、保険診療点数が下がります。

 

 

つまり、

国としては、医療費が抑えられ、

病院としては、収益が減るということです。

 

 

だから、

歩き方・歩く姿がどうであれ、

 

とりあえず歩けるようになったら、

なるべく早く退院させる。

 

 

そんな病院が少なくないというのが

現状なのです。 

 

 

 

 

 

ですから、

手術後のリハビリでがっかりしないために

・入院中にリハビリをとにかく頑張る

・退院後も継続して受けられるか確認する

・ダメなら探す

ということが必要です。

 

 

手術後(退院後)のリハビリについて

何かご不明なことがあれば、

お気軽にご相談ください。